『勾留阻止(準抗告)の全件申立運動』の開催

お知らせ

2018年5月30日


佐賀県弁護士会では,『勾留阻止(準抗告)の全件申立運動』を開催します!!
平成28年度検察統計によれば,佐賀県における勾留請求却下率(却下数÷勾留請求数)は,わずか1.033%となっています。
これは全国統計の3.38%を大幅に下回る状況です。佐賀県ではいわゆる「人質司法」からの脱却が重要な課題といえます。
そこで,被疑者国選対象事件が勾留されたすべての被疑者に拡大されることに伴い,佐賀県弁護士会では,平成30年6月1日から
3か月,勾留阻止(準抗告)の全件申立運動を開催することとなりました。
会員の皆様におかれましては,勾留阻止のための活動や勾留(延長)に対する準抗告等の不当な身体拘束からの解放のための運動をより積極的に行っていただきたいと考えております。

ページトップへ戻る